引っ越ししても環境が大きく変わるわけではない【独り言】

今回は取り留めのない独り言です。

来月、隣県に引っ越しする予定です。
引っ越しの理由はこちら

引っ越し決定しました。引っ越しの理由と、今回契約した物件について
3回目の引っ越し 引っ越しが決定しました。一人暮らしを開始した時から数えて3回目です。 今回は隣の県への引っ越しになります。 ちなみに、先日内見したUR団地ではなく、一般賃貸です。 周辺環境を考慮した結果、一般賃貸の方を...

理由の一つに、環境を変えたい・気分を変えたい、というのがあります。
その理由の裏には「環境を変えることにより自分の生活もより良く変えたい」という思いがあったりします。
反面「環境って別にそんな変わらないよな」と冷めた気持ちもあります。

いつも使い慣れた家具家電をそのまま新居に持って行くから、結局は
以前とは配置が違うだけの「いつもの自分の部屋」ができあがるだけなんですよね。
(家具を新調したい気持ちはあるけど、引っ越しだけでも出費がすごいので😇)

もちろん周りの環境は以前とは違うけど、ほんの若干田舎になるかな、程度の差です。
これがド田舎とか海外への移住とかガラッと変わるなら、否応なく環境の影響を受けそうですがw

大きな新鮮さはないかもなぁと思うし、新鮮さもしだいに薄れていきます。
環境の変化に漠然と期待するよりも、環境を変えることで
「自分はここでどのように暮らしていきたいのか」が重要だなと思います。
それを実践することが、より良い生活に繋がるのかなーと。

なんか引っ越す前から冷めた気持ちになってどうすんだって感じですねw
わくわくしてる部分ももちろんあるんですけどね。
小さなテーブルとイスをDIYしてキッチンの窓際に置きたいなぁという願望があったり、周辺の散策も楽しみです。
静かに穏やかに暮らせたらいいなぁ。