嫌なことから逃げることは、より良い人生への軌道修正(追記あり)

嫌なことから逃げることは悪なのか?

自分にとって幸せにならない事(嫌なこと)から逃げるというのは、逆に、自分が幸せになるための前向きな行動ということにならないだろうか?

逃げるって、よりよい人生へ道を「軌道修正」するってことだと思う。

むしろ「逃げるな」って、その人を絶望や不幸に叩き落す言葉になりかねない気がする。

周りがどう言おうと、自分の心に従うのだ

嫌なことから逃げようとすると、

「逃げ癖つくよ」
「そんなことで逃げるなんて甘い」

「忠告」という名で浴びせてくる、自分が幸せになることを妨害してくる周りの声が聞こえてきます。

嫌なものは嫌・しんどいものはしんどい・つらいものはつらい・苦しい
自分がそう思うなら、周りが何と言おうと自分の心に従えばいいのです。

だって嫌なことしてる状態が、はたして幸せな人生といえるのか?
その苦しみを我慢すれば五年後十年後に幸せかもしれない?
なぜ今幸せでいようとしないの?
人生は有限で、来年に、明日に生きてる保証だってない。

逃げ癖?上等でしょ

逃げ癖ってそんな短所ですかね。
合う合わないを即座に判断して、固執も我慢もなくフットワーク軽く行動できるってことだし。
合わないが分かれば、逆に自分に合うモノも明確になりやすいですよね。

逃げたら周りに迷惑かけちゃう?

逃げたら周りに迷惑がかかるってのは確かにそうかもしれないし、迷惑はできればかけないに越したことはないけど、他人を優先して自分をおざなりにするのも違うと思う。
逃げた後って、その「他人」と今後関わることありますかね。ほとんどは無いんじゃないかな。

「立つ鳥跡を濁さず」が理想かもしれないけど、去る時に後ろ足で砂をかけることさえしなけりゃいいんじゃないかと思います。
生きてる以上何かしら他人に迷惑はかけるんだから気にしすぎたら身動きできない。

頼んでないのに失敗を予測してくる人

「そこで逃げたらきっと失敗(or後悔)するよ」
などと言ってくる人は気にする必要なしです。エスパーなの?
失敗や後悔をするかしないかなんて今の時点で誰にもわからないし、したしないの判断をするのは自分です。他人は関係ありません。
他人が何と言って来ようとあなたの人生に責任なんて持たないんだから、スルーでいいです。

幸せになるための道が、嫌なことや苦しい事である必要はない

幸せになるための過程として立ちふさがる「嫌なこと」はあると思います。
乗り越えるのも乗り越えないのも自由だと思います。

個人的には必ずしも「乗り越える」必要は無いと思っています…横にそれたり、別の道を探す方法もあると思うので。
私は、なるべく「嫌なこと」は避けて生きていきたいです。嫌じゃない、別の方法を探します。
だって嫌なことをしてる状態は心が健康と言えないから。ヘルシーに生きたいんじゃ。

「そんな方法ねーよ甘いわ」「苦手でも数をこなせ!」
という声が聞こたとしてもハイハイあなたはそーなのね^^とスルーします。
本当に不可能と感じたなら根本から考え直したっていい。

もちろん、「今はつらい状況でも続けていれば成し遂げられる!」の精神で頑張れる人はすごいと思います。
ただ、苦労は経験のひとつであって、誰かに押し付ける美徳ではないと思う。

自分の目指す幸せ・軸さえブレなければ、突進しようが逸れようが道を選びなおそうが回り道しようが、どんな方法を辿っても良いと考えています。

ただ、自分で決めたことを他人のせいにしてはいけない

これ大事。大事なこと書き忘れてたので追記。
自分で決めた事で失敗したとしてそれを他人のせいにしたらそれはただの甘え&わがままです。

所謂自己責任という事ですが、自己責任というと
「何もかもの苦しみも全部一人でどうにかしろ!自分で決めたんだろ!」と言われがちですが、それは違います。苦しい時や困ったときに誰にも助けを求めないのもダメです。
何もかもの問題を一人で解決できることなんて少ないからです。
何でも人に頼りっぱなしは良くないですが、上手に生きている人は、上手に人を頼るのです。
誰かに助けられたら、自分もまた誰かを助ければいいだけの話。

 

偉そうに言ってますが、私は精神的に強い人間ではないし、「今、幸せな道を歩めているか?」と言われると正直胸を張ってYESとも言えません。
悩み、迷っている毎日です。大きく成し遂げた出来事もキャリアもなく、人に誇れるような人生でもありません。
それを恥ずかしいと思った事もあるけど、別に人に誇れる人生じゃなくてもいいか、
なによりもまずは自分が幸せに生きることが第一と思うようになりました。

これを書いたのも、人に向けてというよりは、道に迷って悩んだときに本当に大事なことを見失わないように、自分自身へ言い聞かせておくメッセージでもあります。