手軽にできる窓の結露予防

部屋のエアコンが何畳用かわかりませんが、暖房を付けても部屋がなかなか暖まりません。
それでも窓に結露はつきます。
結露って嫌だ。カビのもとになるし。




100均でも売ってる結露を吸い取る細長いシートを実家にいた時使ってましたが、そのシートもカビてしまうし、剥がした粘着跡が取れなかったりで難儀でした。
後は窓全体に貼る断熱シート等もありますが、あれはワイヤーが入った窓には対応してないので、ウチの窓では使えません。

何か対策はないかなーと調べてみると、台所用洗剤で結露が付くのを防げるようです

<やり方>
前もって窓の水分は良く拭き取っておきます。
水1リットルに対し、洗剤を50~100ml使用します(結露の具合によって変える)。よく混ぜて雑巾に浸して絞って窓を拭くだけ。
正直洗剤がもったいない気がしたので、水を半分の500mlにして洗剤を40ml程度にしました。
これでもかなり泡立つし、雑巾を浸すのには十分です。
2016_12_3
窓を拭いたら泡が残りますが、すぐ消えます。洗剤で窓をコーティングするような感じで拭きました。

これで暖房をつけて様子を見ると、窓には水滴はつかないものの、窓枠のパッキンがうっすら濡れていました。
後日、改めて窓枠やパッキン部分もしっかり洗剤コーティングしてやると、あら不思議、パッキンにも結露が付かなくなりました!
1週間程度はもつようなので、週一の掃除の際にやってしまおうと思います。
窓掃除も兼ねられていいかも。
洗剤の減りが早まるのが難点かな。

———————————————
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 30代おひとりさまへ にほんブログ村 その他生活ブログ 一人暮らし貧乏・生活苦へ 
—————スポンサードリンク—————






Menu

HOME

TOP