物件探しの譲れない条件

一人暮らしをしたいな~と思っていたころ、毎日のように物件情報サイトを眺めて写真や間取り図を見ながらそこに住んだ時の脳内シミュレーションをしていました。
実際物件を決めて住み始めてから、
「ここは妥協しなくて良かった」「やっぱりこの辺はもうちょっと考えるべきだったか」
とか出てきました。
やっぱり、住んでみないと分からないってことってあったりします。




自分の場合は
・風呂トイレ別
は、とりあえず第1条件でした。
うんこ出すところと体を洗う場所が一緒というのがどうしても理解できません。
さらに私は風呂前に必ずトイレに行くのでますます無理です。
でも、自分の予算の家賃ではなかなか良いフロトイレ別の物件は見つかりませんでした。なので一時、3点ユニットに妥協して探したこともありました。3点ユニットバスなら、予算内の家賃でもたくさんの物件がヒットしたからです。
でも地道に探せばフロトイレ別でも良さげなのが数件見つかりました。やっぱり妥協しなくて良かったです。

・駅近(徒歩10分以内)
これは最初そこまで重要視していませんでした。
実家が駅から距離があり、チャリで通っていたため、まあ慣れてるし…と思っていたのですが、実際チャリ通いは雨風が強い時は大変だったし、家賃が安いとしても結局駐輪代はかかってくるので、だったら徒歩圏内のほうがいいやとなりました。
しかしこれもフロトイレ一緒という条件もつくと厳しい物でした。
今は駅徒歩5分(正確には8分程度)ですが、駅近の便利さになれるともうチャリの距離に戻る気はなくなります。
ほんと楽!!便利!!家を出る時間にもゆとりができたし。

自分の場合、上記の2点は条件として最優先かも。
この先引っ越すとしても、よほどの事がない限り外せないと思います。

・部屋の広さは1Kだと最低6畳
・収納スペースがある
・できれば洋室
・洗濯機はできれば室内
・ベランダ(バルコニ―)がある
・2階以上
これも条件ではありましたが、場合によっては妥協しようと思っていました。こだわりすぎると本当に部屋がない…。
ただ、部屋の広さが6畳程度なら、必ず収納は広めなど、そういう条件は付けていました。
築年数はよほどボロボロでなければ問いませんでした。
古くても内装がリフォームされている場合もあるので。
でも文化住宅は避けました。女の一人暮らしには向かないと思います。

ちょっと考えるべきだったかなという点
・防犯面
今住んでるところオートロック無いんですよね。
その他の条件が良かったので決めましたが
女性の一人暮らしならオートロックはあったほうがいいかなと思います。
うちは外の廊下や階段を歩く音がめっちゃ響くので
誰かが上がってきたとかがすぐわかります。(エレベーターはない)
そして最上階、全室角部屋なので隣の人と配達の人以外が
上ってくることは基本ないのですが足音が聞こえると警戒します。
NHKは女性だったという事もあり油断してしまいました。

上記を除けば、ほぼ希望通りの物件を見つけられました。
これは早くしないと他にとられる!と思い、店に行って内見して速攻決めました。
でもやはり防犯面って特に女性はおろそかにできない条件かも。
今後は心当たりのない来客は徹底居留守を使います。

———————————————
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 30代おひとりさまへ にほんブログ村 その他生活ブログ 一人暮らし貧乏・生活苦へ 
—————スポンサードリンク—————






Menu

HOME

TOP