洗濯石鹸をやめる

環境や肌への負担も少ない洗濯用石鹸。
合成洗剤より良さげ~と思って液体石鹸を使い続けていたのですが
私は本当の液体石鹸の役目を知らなかった。




最近、洗濯したパジャマが、洗濯したてはそうでもないのに
数日後にさあ着ようとすると、なんか妙に…臭い。
乾いているのに、生乾きのような臭い。
しっかり干して乾かしても、時間が経つと臭いがする…。

調べてみると、洗濯石鹸には粉タイプと液タイプがあるけど
液体のほうは、アルカリ助剤というものがほぼ入っておらず
粉に比べて洗浄力が弱いようです。
このアルカリ助剤は石鹸カス対策にもなるため、
これの入っていない液体タイプは、カスが洗濯物や
洗濯槽に付着しやすく、槽の汚れや洗濯物の臭いや黄ばみの原因になるとか。
なので、洗濯石鹸なら粉タイプの方が洗浄力が高く(合成洗剤より高い)
液タイプはそれ単体でなく、粉の補助的に使用するのがいいらしい。

何も考えずに液体石鹸つかってましたが、
この臭いは、やはり完全に落としきれていないってことかもしれません。
引っ越してからずっと液体使ってたので落ちなかった汚れが蓄積されていたのかも。
そう考えると…今までの洗濯って…。

それなら!粉石鹸を使えばいいんじゃね?と
粉石鹸の使い方を見ると、あまりにも面倒くさそうだったので無理。となりました。
朝に回すことが多いのに、忙しい朝にいちいちお湯を用意して
前もって溶かして泡立つまで撹拌させて
洗濯しながら泡立ちを確認して云々…とかやってられません。

そこまで石鹸にこだわる必要もないかなと思ったので、
一旦合成洗剤に切り替えます。
そもそも、柔軟剤だって合成だよな。

残っている液体石鹸は、アルカリ助剤の代わりに
セスキ炭酸ソーダと併用して使い切ろうと思います。
(それで今後も続けるのはコスパ的に負担なのでこれっきり。
洗濯石鹸はもともと割高だし)

無知が安易に手を出すものじゃないということが分かりました。

為になったサイト: 石鹸百貨

———————————————
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 30代おひとりさまへ にほんブログ村 その他生活ブログ 一人暮らし貧乏・生活苦へ 
—————スポンサードリンク—————






Menu

HOME

TOP