清掃のバイトをしてた時の話

別にどうということでもないのですが、ふっと思い出したので。
もう4年ほど前の事ですが、収入を増やしたいと思って、バイトを掛け持ちすることにしました。
オフィスビル内の清掃のバイトです。時給は850円くらいだったかな…
週5で1日2時間だけという短時間でした。

本業バイトが終わった後、さらに電車に乗り、数駅先の現場へ。
15階建てくらいのオフィスビルでした。

従業員は皆50~60代のおばさん7、8人くらい。
それぞれ日替わりで担当のフロアを1人か2人割り当てられて、清掃します。

色んな会社のフロアを回って、広いフロアにデスクがずらっと並んだ、ザ・オフィス的な職場をまじまじと見ることが無かったので新鮮でしたw
7時、8時まわっても普通に仕事している所ばかり。仕事の邪魔にならないように掃除するのはなかなか気を使いました。といっても周りは掃除のおばちゃんに目もくれることはありませんが。

で、従業員、数人の古参が辞めるという事で、私を含めた3人が採用されたようでした。
新参の内の一人が、明るくて声の大きい人で、新参でありながらすぐにメンバーに馴染んで、メンバーの中心ポジション的な立場になりました。いつも話題の中心にいるような感じ。
この人は古参時代からある仕事内ルールを無視したりして、古参さんが眉をひそめていました。
古参さんは親切な人ばかりだったけど、間もなく辞めていきました。

自分はメンバーにはなじめないながらも、あいさつや笑顔で受け答えはしていましたが、やはりうまい事馴染むことができず、なんとなく居心地の悪さを感じていました。

次第にその中心ポジの人が、そんな自分を敵視してきました。

自分の担当エリアの清掃が早く終わったら、まだの人のエリアの応援に行くのがルールなんですが、自分だけ来てもらえなかったり(他の人が応援に行こうとしたら、その中心ポジが「行かなくていい!」と一喝したらしいw)そんで掃除終わって最後に事務所に戻ったら中心ポジに「寝てたんか!?」(終わるの遅いからイラついてたらしい)と言われ。ムカッと来たな~。
あいさつも自分にだけスルー、エレベーターに乗り込もうとしたら目の前で扉閉められたりw小学生みたいな嫌がらせです。
取り巻きもどうやら中心ポジに逆らえないようでした。

めんどくせ~~~~
女(に限らないけど)が集まるとめんどくさいことになるのはいくつになっても変わらないんだなって思いました。
だって小学校のグループ内いじめや嫌がらせとまったく同じなんだもん。これを60代のオバサンたちが恥ずかしげもなくやってんだ。
当時は実家暮らしで別に困窮してたわけではないし、ストレス溜めながら日給1700円程度にしがみつく理由もなかったので、腰痛が悪化したと適当に理由をつけて辞めました。1ヶ月弱くらい。

短期間しかいなかったけど、もっとこのバイトを続けていたら、嫌がらせもエスカレートしたかもしれません。
私や中心ポジが入る以前も、急に来なくなったメンバーがいたり、いじめで辞めた?っぽい人がいるらしいことを聞いたので、古参時代にも不穏な人間関係があったようです。

でも、輪の中で上手くやっていくのも能力の一つなんだと思います。
自分にはつくづく向いてないので、大抵どこ行っても上手くいかないんだと思う。
無理して演じて馴染もうとしても、結局地が出るからボッチになるんよねw子供の時からそう。
別にボッチでいっか、と思ったら、こういう風に攻撃してくる人がいるのよね。めんどくさ。

今の本業バイトは人数がものすごく少なく、人間関係トラブルもあまりないのでその点は気楽です。(それ以外で不満はあるけど)

あー、嫌いな人がいても、自分はああいう意地悪BBAにならないようにしよう。

———————————————
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 30代おひとりさまへ にほんブログ村 その他生活ブログ 一人暮らし貧乏・生活苦へ 
—————スポンサードリンク—————










Menu

HOME

TOP