物件情報サイト、おとり物件多すぎない?

私は引っ越してからも、物件情報サイトを好きでよく見ています。
そのせいで、他のサイトで表示されるweb広告は賃貸情報の広告が多いのですが、好条件で破格に安い家賃の物件の広告がしょっちゅう出てきます。

これはい〇部屋ネットの広告。

2件とも条件にしては破格の家賃です。(大阪民なので大阪の物件です)
右側の物件の詳細を見てみると、梅田にほど近く、築6年、15階建てのきれいで立派な鉄筋マンションです。内装もきれいです。
8畳の洋室に6畳のサービスルーム。
それが何とお家賃管理費込みで4万円という破格!
しかもゼロゼロ物件だってーーーー!?!?!!?!?!?!??!!?!??!
やだ住みたいここ!!引っ越すわ!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

いったいなんていう名前のマンションかな?地図で位置も確認したいから住所も確認しよう。

あれ?マンション名書いてない…

タイトルには駅名と間取りなどの情報だけ。

住所…

番地が載っていない…


地図開いてもわっかんねぇよ!どこだよ!!!!!!
(番地まで記載されていたらちゃんとその場所にマークがつきます)

すでに怪しさ満載。
ストリートビューを駆使して写真と比較しながら同マンションを探し、マンション名を調べました。そしてそのマンション名で検索をかけ、同マンションの部屋の家賃を調べます。

他のサイトに掲載されていた同物件の情報です。複数のサイトで確認しても、大体同じような金額でした。

9万のお部屋が4万円ですよ!
よほどの事故物件なんでしょうか。
それとも、分譲賃貸でその部屋のオーナーの人が超太っ腹な家賃で募集しているのでしょうか。

いやいや……
その可能性もゼロではないでしょうが、こんな感じの不自然に安すぎる物件、一つや二つじゃないんですよね。はっきりいってわんさか出てくる。
ほとんどはおとり物件じゃないかと思われます。
たとえ事故物件でも、こんな破格の条件なら瞬殺で決まるんじゃないでしょうか。気にしない人もいるし。

そもそも、マンション名や住所の記載がない時点で怪しいです。オーナーの意向で場所や名前を開示したくないという場合もあるようですが、そんなん稀じゃないかと思います。

たまに本当に好条件の破格物件はあるかもしれませんが、そんな物件はすぐ決まるでしょうし、でなければよほどのマイナス理由があるのだと思います。それか、最初の数ヶ月だけは破格の家賃で、それ以降はその何倍にも跳ね上がり、数年契約を条件にされるパターンもあるようです。

問い合わせたところで来店のエサにされるのがオチです。
どうしても問い合わせるなら、現地集合を条件にして、ゴネられたら即断り、その店を心のブラックリストに入れましょうw

というか、情報サイトもちゃんとうさんくさい物件はチェックしろよ。

———————————————
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 30代おひとりさまへ にほんブログ村 その他生活ブログ 一人暮らし貧乏・生活苦へ 
—————スポンサードリンク—————










Menu

HOME

TOP