賃貸契約にかかった費用 2回目の引っ越し編

内見に行き、契約書を書いて審査に通り、宅建の説明を受けるまでがその日の内に終わってしまうというスピード契約でした。
まだ住民票などの書類を提出するのに出向く必要がありますが、ほぼ終わった状態です。
今回の賃貸契約にかかった費用の内訳です。家賃発生は12月からになります。
(引っ越しは11月下旬予定だけど、11月の家賃はタダにしてもらえました。11月に入ったらすぐに鍵を受け取れる予定)

家賃(12月分) 42,000円
共益費     3,000円
仲介手数料   20,412円(家賃の54%と、あと何か割引がきいた)
保険料     24,170円(2年更新)
———————————————
合計      89,582円

前回の契約時の時は10万超えましたが、今回の方が安く済みました。
以前同様、敷金礼金は0です。
仲介手数料が約半額というのが大きかったかもしれません。
後、今回は保証人を立てれば保証会社は使わなくてもOKでした。
収入が少ないので審査に通るか心配でしたが、大丈夫でした。
収入証明の提出はなし。自分も保証人(親)も、収入欄はかなりアバウトに書いたけど問題なしでした。
必要書類は住民票と保証人の印鑑証明のみでした。

さて、後は引っ越し費用と退去費用がどうなるか。
ちなみに最初の引っ越しでかかった総費用はトータルで30万くらいだったと思います。(家具家電購入費含む)
今回は家具家電を買いそろえる必要はない分(でもガスコンロ買わないと…)そこまでかからないでしょうが、ちょっと心配なところです。

———————————————
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 30代おひとりさまへ にほんブログ村 その他生活ブログ 一人暮らし貧乏・生活苦へ 
—————スポンサードリンク—————










Menu

HOME

TOP