実益を兼ねない創作系の趣味をしなくなった

タイトル通り、お金にならない創作系趣味をしなくなりました。
それは「絵を描く事」

もともと趣味で絵を描いていて
かつて同人活動(同人誌を作って即売会で売る)もしていましたが
自分には実力は無かったためあまり売れはしませんでしたが、それでも楽しくてやっていました。
だんだん印刷費や遠征費で赤字がきつくなり、本を作るのはやめてネット上で絵を公開して楽しんでました。
でも次第に絵を描くモチベが低下。自分が歳を取ったためか、感覚も絵柄も古臭く感じて、自分の描く絵やネタが嫌になったのと、自分が下手なことに諦めがついて、上達熱が湧かなくなりました。

でも一番大きな理由は、ハンクラアクセ販売を始めたこと。自分の作った作品で多少でも稼ぐことが出来ると知ってから。
同人誌は制作コストが高く、売れなきゃ在庫も場所を取るけど、アクセなら作りようによってはそんなこともない。
どちらも創作活動だけど、アクセづくりの方が楽しく感じました。

創作って作る大変さがある分、返ってくるもの(金)がないと時間と労力がもったいないと思うようになってしまったのです。
↑こう思う背景としては、最近特に一人暮らしを始めて金銭的にあまり余裕が無い状況ゆえ、絵を描く心と時間の余裕が無くなった、ていうのもあります。創作に時間を使うなら、少しでも金になる方にあてたいっていう。
昔1度だけ、お金をもらって絵の仕事をしましたが、楽しいどころか苦痛だったので自分のペースで出来るアクセづくりの方が向いているのだなと思います。

ここ2年ほどは全く絵を描いていません。試しに落描きを描いてみたけど下手過ぎて…というか絵柄がキモすぎてゲロ吐きそうになりました。とても公開できません。

あともうひとつは裁縫(ミシン)もあるけど、こっちは心と時間の余裕ができれば再開したい。どうしてもハンクラアクセに時間を取られて…

いつかお金関係なく、好きというだけで創作趣味を楽しめたころに戻れるのだろうか。

———————————————
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 30代おひとりさまへ にほんブログ村 その他生活ブログ 一人暮らし貧乏・生活苦へ 
—————スポンサードリンク—————










Menu

HOME

TOP